ようこそ~♪

基礎工事と2×4の構造、電気配線と水道工事までは業者さんに依頼し、あとは自分たち夫婦で作ってます。だからオールのセルフビルドではなく、ハーフのセルフビルドなのです(*^▽^d)。・。・°★

体験をつづることでこれからセルフビルドを目指す方や物作りに興味のある方の参考になるようなブログを目指したいと思います。

このブログは、自由業を営む私『かま猫』が自宅兼事務所をセルフビルドする過程を、架空の『かま猫事務所』という設定で書いております。事務所と言っても仕事部屋として8畳の洋間があるだけなので、普通の住宅と何ら変わりありません。

検索

※不調のため、ブログ内検索は右上の検索ボックスをお使い下さい

Google

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

アーカイブカレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSSフィード

プロフィール

かま猫@事務所長

Author:かま猫@事務所長
当事務所には、かま猫の妻で副所長のあ猫が所属しております。
あーしたい、こうしたい・・・お財布事情をかえりみず、注文だけは多いかま猫家です(^^)

なお一等書記官ひめ猫(白猫)は2009年10月に他界。内装が整うまで猫さんとの同居が・・・

メールはこちら☆

名前:
メール:
件名:
本文:

mail02.gif

QRコード

当ブログのQRコードです。携帯からのアクセスにお役立て下さい。

QRコード

FC2カウンター


top1503.jpg
 3/11
 春はまだ遠く・・・

 4年前の今日も
  雪が降りましたね。

   photo by かま猫

  電動工具、建築資材などのご購入にお役立て下さい ↓↓↓

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
停電@オール電化住宅 その2
2011/05/13 00:28 [Fri]
category:電気・水周り
続きです。

2011年3月11日14時46分。かま猫事務所付近は震度6弱。
揺れが収まって気が付くと、当たり前のように電気は停まっていました。

denki09.jpg




にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ  にほんブログ村 住まいブログ DIYへ light
↑応援ポチが励みになります ( ´∀`)ノ


すぐ家の内外を点検し、異常の無いことを確認。それにこの地区は有り難いことに水道が止まりませんでした。

早速カセットガスのコンロを出して、明るいうちに早めの夕食。食材も米や乾麺、小麦粉などがある程度あったので、とりあえず飢える心配はありません。
その晩は余震を警戒しながらも早めに寝てしまうことにしました。


さて最も心配すべきは暖房です。このまま無暖房状態でどのぐらい寒くなるのか?
正直に言います。不謹慎ながらかま猫の心中では、災害の不安よりも興味の方が勝っていました。。。。
じつは震災前にも、無暖房状態を試すために一日ブレーカーを切ってみようかとさえ思っていたのです。まさかいきなり本番が来ようとは・・・(-o-;)

まず前提条件として、普段の室内温度はだいたい20度にしています。また蓄熱式暖房機のヒーターは通常でも23時まで通電しませんので、停電の影響が出るのはそれ以降。
まずは一晩でどこまで低下するかが観察ポイントです。

翌朝午前4時。余震で目が覚めて温度計を見ると、室温は18度ありました。
これならそれほどの寒さは感じませんね。というか、もしもの時は外に飛び出してもいいように服を着たまま布団に入っていたので、暑くて寝苦しい程でした。
このあと明け方にいったん17.5度まで下がるも、日中は日差しがあり19度まで若干上昇。
なおこの日の気温は最低-4.7度、最高6.4度と、平年よりやや寒かったようです。

夜も更けると温度計は再び18度を示し、20時ごろには何となく肌寒く感じたのでリビングから8畳の仕事部屋へ移動。例のポータブルストーブに点火しました
すると30分で19.5度まで暖まりほぼ快適に。
小さくて頼りない外見ですが、なかなかの性能ですね~。ただし酸欠や中毒が怖いので、早めに止めて就寝します。

3日目の朝を迎えると、6時半に15度とこれまで最低となりました。
しかし外気温-1.4度に比べれば、、、いやそれより体育館の冷たい床に横たわっていた避難者さんらに比べれば、天国だったのですねぇ。
1時間ほどストーブを点けて、18度。そしてこの日の昼間に電気が復旧し、かま猫事務所の無暖房生活は、2日間で終了となりました。

結果いちばん下がって15度と、それほど辛い思いもせず停電を乗り切ることができました。
この断熱性能と対策備品は間違っていなかったようです。
手間とコストをかけて断熱材をたっぷり入れたのが、さっそく報われました。
(もっともこんな状況で、自分の家のことだけでバンザーイって気分にはなれませんでしたけどね。。。。)

ただし、3日目の朝の方が外気温は高いのにもかかわらず、前日の朝より冷えていることは注目ですね。これは2日目にはまだ蓄暖や建物そのものに、いくぶん熱が残っていたためではないかと思います。
つまりもう1~2日停電が続くと、さらに室内は寒くなると。しかも今回は3月でしたが、1月あたりの厳冬期だったら、もうちょっとキツかったのではないでしょうか。

う~ん、とりあえずカセットガスの備蓄はもう少し増やしておくことにします。
しかし結論としては、オール電化だから災害に弱いということは無いと言って良いのではないでしょうか。何かあったときの快適性は、建物自体の断熱性や備えの品に左右されるところが大きいと思います。
さらには水道についても、エコキュートや電気温水器があれば断水時にタンク内のお湯を放水して使えるというのは心強いですよね。







最後に、やっぱりこの話を避けて通れないと思うので。


福島第一原子力発電所の事故により、オール電化のイメージが変化しています。ハッキリ言えば、オール電化=原発推進の手先みたいに思われかねないということ。

そういう意見の根拠は、かま猫も認めざるを得ないものがあります。
原子力発電は出力を絞ることが難しく、現実的にほぼ不可能。すると電力需要の少ない夜間は電気が余ります。電力会社はこれを使って欲しいがために格安の料金を設定し、昼間に使われる電気を夜にシフトしようとしているわけです。

かま猫もそれは承知の上で、経済的な理由からオール電化を選んだのです。
しかし言うまでもなく、原発には賛成いたしません。

現状、かま猫事務所は地元の電力会社から電気を買うしかありません。当然その何割かは原発で生産され、私もそれを使っているわけです。
しかし、電気はエネルギー効率に優れ、各家庭でガスなどの火を燃やすよりCO2排出が少ないと言われています。
また将来的にはいわゆるクリーンエネルギーから作られる可能性をもっていて、新しい時代に転換するのが最も容易だとも考えられます。その点、ガスや油などの化石燃料は確実に枯渇しますしね。(メタンガス等の期待もありますが)

現代社会で必要な電力量は原発でしか賄えない、とも言われますが、本当にそうでしょうか?
原子力が持つエネルギーは膨大で、ある時代にはまさしく未来を照らす夢のパワーに見えたのでしょう。だから危険性には目をつぶり、核に将来を託してしまいました。
もしその研究の費用と知力が他の自然エネルギーに向けられていたら、例えば高効率の太陽光発電で十分な電気が産み出されていたかも知れません・・・・・


それに、同じ東北の民である福島の人たちのことを思うと、
「原発は仕方ないよ」なんて
口が裂けても言いたくありませんから。

スポンサーサイト

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

この記事に対するコメント

やはり断熱材は良い物を選んでおくと良いですよね。
我が家も関東では過剰なほど入れていますが、そのおかげで冬はもちろん夏も快適に過ごせています。

我が家もオール電化ですが、計画停電でも何の問題もありませんでした。
停電したらエコキュートが使えなくなるので24時間以上停電するとお湯が沸かなくなりますが非常事態ならそれどころじゃないでしょうし、いざとなればカセットコンロやキャンプ用のストーブで何とかなるでしょう。
それよりも断水時の飲料水の確保が先でしょうから風呂どころではないですね。
満水で370L確保できるのは心強いです。

原発についでは私も反対派です。
嫁さんは実家が原発の近所ですが以前から原発が大嫌いだと言ってました。
「資源の少ない日本だから原子力発電」なんておかしいと思いませんか?
日本にはウランだって無いんだし。
日本は豊富な河川や用水路を使って水力発電(小水力)を推進していくべきだと思ってます。
福島の代わりの原発を作るなら東京に作るべきでしょうね。
【2011/05/18 09:33】
URL | こじま #- [ 編集 ]

こじまさん
こじまさんもキャンパーでしたよね。サバイバル能力ありそう^^)

奥様は浜通りの方でしたか・・・ 心からお見舞い申し上げます。
私は今回被災した海岸部のほとんどが最低一度は通ったことのある土地で、浜通りも常磐線で通過したほかに原ノ町や塩屋崎を訪ねたことがあります。
あ猫の実家も隣町に原発があるし、人ごとではありません。

そうそう!原子力だって原料を輸入に頼ってますよね。逆に核廃棄物は貯まる一方なんでしょ。
原発立地については、私も以前から「そんなに安全ならお台場か浦安の埋め立て地あたりに造ればいーべ!」と言ってきたのですが、そしたら浦安はあの有り様。まぁどこに建てようが日本中が汚染されるのには変わりありませんけどね。
ちなみに六ヶ所村の原燃サイクル施設は、地盤の悪そうな湖沼群の間の丘の上に立っており、東通原発の近くにはかつての大津波で沈下したと考えられている「ヒバ埋没林」があります。

家庭の排水管に取り付けたマイクロ水力発電でも携帯の充電ぐらいは出来るそうですよ!
【2011/05/18 11:13】
URL | かま猫 #PXXG49oI [ 編集 ]


キャンパーと言うか山屋なんです。
高校では山岳部でしたし。
普段、非常時に備えて在庫も豊富なのでこんな事態でも慌てずに対処できました。
嫁さんの弟と叔母さんが一時的に我が家に避難したときはトイレットペーパーが切れそうで焦りましたが。(笑)

嫁さんの実家や親戚は浜通り、しかも原発(福島第一と第二共に)20km圏内にすっぽり入ってしまっていて県外に出ている親戚以外はバラバラに避難していて未だに避難所生活です。

今回の震災で実感しましたが、日本に安全な場所って無いですよね。
原発だらけの日本はいつ爆発するかわからない時限爆弾を抱えているようなものでしょう。
今は浜岡を止めまてますが大地震の起こる確立で言ったらどこも一緒だと思います。

最近は近所の用水(見沼用水と言う大きな用水が流れてます)を見ると「水の流れがもったいない)と感じてしまいます。(笑)
【2011/05/18 16:40】
URL | こじま #- [ 編集 ]


本格的な岳人ですね!私とあ猫はお気楽なトレッキング程度です^^)
岩手には岩手山、早池峰山ほか魅力的な山がたくさんありますよ。が、ここ2年は家の作業でほとんど登っていません。
今年こそは!と思っていた矢先、この状況では余震が気になりますねぇ。

奥様の実家は避難区域になってしまったんですね。。。。
破壊されたわけでもない家から突然追い出され、訳分からないうちに故郷を奪われるなんて、何と言って良いのか言葉が見つかりません。
どうか1年ひと月でも早く、街や山野を取り戻せますように。
【2011/05/21 08:56】
URL | かま猫 #- [ 編集 ]


最近は本格的ではなくお気楽登山です。
というより、子供が登れるようになるまではお預けなんですが。(涙)

嫁さんの実家は原発さえなければなんとも無い状況です。
築100年以上なのに。(笑)
【2011/05/23 10:10】
URL | こじま #- [ 編集 ]


築100年!すげー!!
きっと立派な古民家なのでしょうね。
ぢつはかま猫実家も大正時代の古~い家です。・・・というと毎度古き良き日本建築を想像されがちなのですが、やっぱり元々が安普請な建物はダメですね。傷みばかりが目立ちます。その上、住人が日々汚しまくり、さらにケチで超適当な補修を施すものですから、単なるボロ家となってしまいました。
ストリートビューにしっかり写っているのが世界的に恥ずかしいです(笑)
その上、先の震災ではついに土壁が一部落ちて穴が空いてしまい・・・さてどうしましょ??
【2011/05/24 22:01】
URL | かま猫 #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://selfbuildhouse.blog45.fc2.com/tb.php/254-452789ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
東日本大震災被災地応援

ほんの少しでも、一人ひとりが今できることを。


≪東北へ行こう!≫
 大槌復興商店街

被災地に行くのは迷惑?いいえ、現状を見ておくのも応援のひとつです。
ただし記念写真でピースなどしないで下さいね。

旅*東北バナー
東北の観光情報ポータルサイト
下段に復興商店街を紹介するページへの入り口があります。

東北の復興商店街へ行こう♪♪♪
個人ブログながら、北は普代から南はいわきまで被災3県の復興商店街を訪れている岩崎富士男さんのサイト。

NHK連続テレビ小説『あまちゃん』公式サイト
ドラマの舞台は岩手県久慈市小袖地区をモデルにしており、三陸鉄道も協力しています。

三陸鉄道株式会社
破滅的な被害にも負けず震災5日後から一部運行を再開し、現在も順次復旧中。力強く走る車両は被災者を勇気づけています。

大町ほほえむスクエア
釜石市の目抜き通り・大町商店街の一角にキッチンカーが集結し常時営業中!(釜石復興支援プロジェクト様のHPをリンクさせていただきました。不都合あればご連絡下さい)

おかし工房木村屋
陸前高田で長年愛されてきた和菓子店・御菓子司木村屋さんが、仮設商店『栃ヶ沢ベース』で営業再開。
現在は奇跡の一本松をイメージした「夢の樹バウム」を中心に、和洋菓子を販売しています。オンラインショップの再開が待ち遠しい再開しています!


≪被災企業商品のご紹介≫
ボランティアや復興商店街へ行けなくても、自宅で出来る復興支援!

赤武酒造(大槌町)
フルーティーな「リカースイーツ」は絶品!下戸のかま猫も大好きです。

三陸おのや(釜石市)
三陸の魚が持っている本来の旨みを手作りに近い加工で引き出しパッケージ。化学添加物は使っていません。

井戸商店(釜石市)
2012年に竣工した新工場で「イカウインナー」をつくっています。

八木澤商店(陸前高田市)
創業200年の老舗ヤマセン醤油も店舗・工場とも流失しましたが、新しい店舗と工場で自前生産を再開しています。

(※被災地で頑張っているたくさんの会社の中から、オンラインショッピング可能で且つかま猫に縁のある企業をピックアップしました)

参考書

素材 ぽち1この本に出会わなかったらセルフビルドという大海に乗り出さなかったかもしれない!!

素材 ぽち1『自分でわが家を作る本。』最新版

素材 ぽち1これぞスーパー収納術!!男目線で造る家と女目線で造る家がある気がした!!


コレ良さそ (∩゜▽゜∩)

ネットで見つけた気になるものを紹介♪

NHKの「住まい自分流」から出た本。自分でキッチンや洗面所を作りたいあ猫。基礎からのわかりやすい解説本が欲しいところです。


上に同じく荒井章さんの本。無くなった山海堂さんから出版されたものです(T_T) 基礎の基礎を学には良さそう!!

お世話になってます

素材 ぽち1ハーフセルフビルドにご協力いただいている大共ホームさん


素材 ぽち1私たちをセルフビルド界に誘ったお師匠様  DIY 日曜大工で家をつくる・・・セルフビルドのノウハウ

素材 ぽち1青森ひばの手作り木工館  わいどの木 「わいど」は下北弁で「私たち」です♪ ひばチップや羽目板の買い付けに下北までGO!!

素材 ぽち1バスユニットの購入や資材購入でお世話になってる(株)北洲 建設資材事業部さん

素材 ぽち1古材の洗浄・加工と取り付けで協力いただいた岩井沢工務所さん
iwaizawa_bana

お仲間サイト

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

参加してます

にほんブログ村に参加中。他のセルフビルダーさんのブログやDIYな生活にはまりまくりの方々のブログを読ませて頂いております。とても勉強になります☆
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

-/*/-/*/-/*/-/*/-/*/-/*/-
人気ブログランキングにも参加中!!DIY、建築、ガーデニングなどなどたくさんの仲間ができるといいな♪

フリーエリア

ちょびリッチでちょびちょびポイントを貯めてお買い物♪イーバンクやネットバンクへの交換手数料無料というのが嬉しい!!
ポイント ちょびリッチ


おなじみ楽天でネットショッピングぅ~♪

素材屋さん

あ猫お気に入りの素材屋さん。プチなのとかキラキラなのとかがいっぱい(*^-^*) 

Pearl Box

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。