ようこそ~♪

基礎工事と2×4の構造、電気配線と水道工事までは業者さんに依頼し、あとは自分たち夫婦で作ってます。だからオールのセルフビルドではなく、ハーフのセルフビルドなのです(*^▽^d)。・。・°★

体験をつづることでこれからセルフビルドを目指す方や物作りに興味のある方の参考になるようなブログを目指したいと思います。

このブログは、自由業を営む私『かま猫』が自宅兼事務所をセルフビルドする過程を、架空の『かま猫事務所』という設定で書いております。事務所と言っても仕事部屋として8畳の洋間があるだけなので、普通の住宅と何ら変わりありません。

検索

※不調のため、ブログ内検索は右上の検索ボックスをお使い下さい

Google

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ

アーカイブカレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RSSフィード

プロフィール

かま猫@事務所長

Author:かま猫@事務所長
当事務所には、かま猫の妻で副所長のあ猫が所属しております。
あーしたい、こうしたい・・・お財布事情をかえりみず、注文だけは多いかま猫家です(^^)

なお一等書記官ひめ猫(白猫)は2009年10月に他界。内装が整うまで猫さんとの同居が・・・

メールはこちら☆

名前:
メール:
件名:
本文:

mail02.gif

QRコード

当ブログのQRコードです。携帯からのアクセスにお役立て下さい。

QRコード

FC2カウンター


top1503.jpg
 3/11
 春はまだ遠く・・・

 4年前の今日も
  雪が降りましたね。

   photo by かま猫

  電動工具、建築資材などのご購入にお役立て下さい ↓↓↓

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
間取りと外観
2012/08/29 22:03 [Wed]
category:新事務所建設に至るまで
「構造力学」なんてイロハの“イ”も分からないかま猫は、
設計自体は大共ホームの設計士さんに丸投げです。

しかし、おおまかなデザインや基本的な間取りプランを考えることは素人でも出来ますよね。
今後永い永い時を過ごす人生の拠点だもの。せいいっぱい妄想を楽しまなければ勿体ないじゃぁないですか

なので外観、間取りそれぞれに簡易な図面を作製し、設計士さんとの相談の際に持って行きました。
図面といっても素人のお絵かきに近いものですが、設計士側としても施主の考えていることが分かりやすく有り難いとのことでした。



にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ  にほんブログ村 住まいブログ DIYへ light
↑応援ポチが励みになります ( ´∀`)ノ


-- 続きを読む --
スポンサーサイト

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

建築会社と打ち合わせ
2012/08/15 17:20 [Wed]
category:新事務所建設に至るまで
ここまで来たらもう軌道に乗ったも同然。
あとはセルフ施工~完成まで突き進むだけです!

・・・・って先は長いのですが、まぁ後戻りはできないぞということです。

この段階でやることは、建築会社との打ち合わせ。普通に家を建ててもらう場合と同じです。
かま猫と大共ホームさんが話し合ったポイントを、思いつくまま書いてみますね。



にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ  にほんブログ村 住まいブログ DIYへ light
↑応援ポチが励みになります ( ´∀`)ノ


-- 続きを読む --

テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

建築会社決定!
2012/07/21 22:31 [Sat]
category:新事務所建設に至るまで
かま猫たちの新事務所建築予定地が決まりました o( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)o

次に重要なのは、基礎と建物の構造までをお願いする建築会社
ハーフセルフビルドを決行するにあたって、大事な大事なパートナー選びです。

ところがこれがなかなか難しい。
まずはダメモトで、名の知れたハウスメーカーの事務所や展示場に行って「骨組みまで造って欲しいんですけど」と相談を持ちかけてみましたが、ほとんど相手にしてはもらえませんでした ┓( ̄~ ̄)┏

まぁ当然といえば当然。そんなこと言い出す客は滅多にいないでしょうし、直接話をする営業さんは会社の人間。いきなり突きつけられた超例外的な依頼に、簡単にOKを出すことは出来ないでしょう。

それに一番問題なのは「瑕疵担保責任」(かしたんぽせきにん)。
ふつう、もし完成した建物が欠陥住宅だった場合、住宅メーカーは施主対しに責任を持たなければなりません。
でもハーフセルフで出来上がった建物に不具合があったりしたら、マズいことになりますよね。素人が施工したせいだ、いや、構造部分に原因があるんじゃないか、というやりとりになるのは想像に難くありません。

ついでにこれは余談。
会社にもよりますが、大手メーカーのセールスさんって、何であんなに出入りが激しいんでしょうね?
展示場巡りをしていた時期に、ちょっと話をした担当さんが次に合うときには「実はわたくし退社することになりまして・・・・」ということが何度かありました。
もちろんちゃんと後任の方に引き継いでくれるので、仮に契約が進んでいたとしても問題は無いのですが、自分の経験から「社内の雰囲気よくないのかなぁ~?」と、いらぬ想像してしまいます。もし契約を迷ってる時だったら、ちょっと躊躇してしまいますよ。。。。
以上、脇道に逸れました。

------------------------------

実際には土地とパートナーは並行して探していて、建築会社が決まらないまま土地のほうが先に決定していました。
そこで売地の仲介をしてくれた大共ホームさんに、商談の合間にこのことを話してみました。

大共ホームは岩手県滝沢村に本社をおく地元の工務店ですが、技術力、特に断熱の技術と研究では少々名の知れた少数精鋭の会社です。

担当のSさんはやはりちょっと困った様子で、それでも「社長と相談してみます」と。。。

う~ん、すぐ社長に話を通せるって点では大手よりは良いですが、まぁでも返事は同じかも知れないし・・・・
そう思って待つこと数日。Sさんから「OKです」との返事が。。。

!! 

意外にあっさりで拍子抜けしたほどでした。
どうやら社長さんがそりゃ面白いねと非常に興味を持ってくれたようです。こういうフットワークの良さが大手には無理なんですよね。


それにしてもですね・・・・・
土地といい建築会社といい、決まるときには思いがけずとんとん拍子に決まるものなんですねぇ~ (゚◇゚) 唖然
まるでなにかに後押しされてるようでしたよ。自分たちが腰を上げ足を踏み出したとたん、いきなり流れに乗って目標へ突進したって感じです。
もっともこの後、長い長いセルフ作業が待っているのですが、スタートはこれ以上なく順調に切れたと思います。


家づくりに限らず、上手くいくかどうか自信が持てず躊躇することって誰でもあると思いますが、意を決して最初の一歩を進めてみれば、案外上手くいくのかも知れませんね。





にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ  にほんブログ村 住まいブログ DIYへ light
↑応援ポチが励みになります ( ´∀`)ノ


テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

土地決定2
2012/07/10 22:27 [Tue]
category:新事務所建設に至るまで
さて土地探しをする一方、かま猫たちにはすご~く心惹かれる売地がありました。
それは当時住んでいたアパートからほんの一区画先にあって、ここに引っ越してきたときから気になっていた場所。
以前は畑だったようですが、しかしかま猫あ猫が見たときには既に放置されてだいぶ時間が経っており、一面の雑草の中に柿の木と「キササゲ」という種類の樹が立っていました。

toti01.jpg

これまでも何度か書いたんですが、かま猫らは当時住んでいた地区にとっっても満足しておりました。
交通や買い物などの利便性、市中心部へのアクセスなどが良く、それでいて周辺環境も良好。また岩手らしい大自然の中にも思い立ったらすぐ行けるという、大変バランスのとれた最高のロケーションでした。

そのアパートから徒歩2分ほどの売地なら、これらのメリットをそのまま引き継げるわけですね\(^O^)/

さらにそこは南東の角地で周囲に高い建物は無く、特に南側の向かいは田んぼなので日当たりバッチリ。広さも七十数坪と十分すぎるほど。というわけで二人にとってかなり理想的魅力的な土地だったのです。

草ボーボーなのはちょっと気になりますが(上の写真はこれでもだいぶ刈り取っているんですよ( ̄~ ̄)ξ )、まぁそれは大した問題ではありません。

問題は、単純に価格なのですよ

そりゃー大問題だわな

当初、敷地の角に立つ売地看板にあった販売価格は「1200万円」。
・・・・う~む、あきらめざるを得ない金額ですねぇ~

というわけで、暫くはそれを横目に土地探しをしていたというわけです。


しかしその売地、いっこうに家が建つ気配がありません。
やはり皆きれいに整地された分譲地のほうがいいんですかね~~?

するとある日、看板の売価が何の前触れも無く1200万から「1000万円」にプライスダウン

あれ?これってチャンス??・・・・いや、まだ高いまだ高い。
いくらお買い得でも、冷静に考えて我々が出せる金額を超えています。

でももし、もう一声安くなったら・・・・
あの場所で暮らせることを考えれば、少し無理をしても良いかも・・・・
ダメモトで交渉して、あとは天にまかせてみるか! (`・ω・´)


看板に書かれていた取次店は、「大共ホーム」さん。近所の地元ビルダーです。
意を決して、大共ホームさんの扉を叩いてみました

・・・・するとこちらは仲介で、元々の取り扱いはまた別の建築会社の不動産部とのこと。
なんか面倒くさいシステムですね~。でもこの業界はそういうことになっているようです。どおりで同じ物件をいくつもの不動産屋で見かけるはずですね。

とにかくこちらの希望を伝え、先方の取扱店へ、さらに地主さんへと話を通してもらいました。

待つこと暫く。
連絡があったので、少しドキドキしながら結果を聞きに行きます。
すると・・・・

値引きに応じてくれるそうです。

おーー └( ̄∇ ̄)┘└( ̄∇ ̄)┘└( ̄∇ ̄)┘└( ̄∇ ̄)┘ --っ

さすがにこちらの希望通りとはいきませんでしたが、現実的な範囲で安くしてくれるとのこと。
もう後には引けません。

この土地を購入することに決めました!!!

半ば勢いでいったこの決定、とても重いものがありますね~。
人生の後半を過ごす基盤が決まったのですから。
かま猫もあ猫も、二十歳手前で実家を離れてからずっとアパートを借りて暮らしていました。しかし今度は自分の敷地を持ち、その地に根ざす地元民として生きていくことになります。

もちろんそれがこの不満のほとんど無い場所になったのですから、土地探しは大成功と言えますね!



そして実はもうひとつ、この流れの中で重要なことが決まっていたのです。。。。



にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ  にほんブログ村 住まいブログ DIYへ light
↑応援ポチが励みになります ( ´∀`)ノ


テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ

土地決定1
2012/06/12 17:55 [Tue]
category:新事務所建設に至るまで
かま猫にしては珍しく本業が忙しいので
たま~にしかブログを書けないのですが、
何事も無かったかのように話を続けます



終の棲家を自分の手で造るという、人生最大かもしれない大プロジェクトが決定

・・・とはいえそれほど急ぐ理由も無く、「ごく近未来の目標」みたいな感じでのんびりと動き出しました(´Д`)


まずは土地を探さねば。
かま猫あ猫はもともと盛岡市街のアパートに住んでいましたが、この記事のようないきさつで近郊の滝沢村に移り住み、そしてこの地をとても気に入っていました。

希望はそのとき住んでいたアパートと同地区。
しかしこの辺りは近場に大型ショッピングモールが進出し、中規模の新興住宅地が出来たりして、もともとあった売地も地価が上がってきています。
なので他の地域でも同じような条件の、自然環境が良く、それでいて交通の便も良い穴場的な土地を広く探し始めました。


盛岡市郊外で特に不利な条件の無い普通の住宅地の地価相場というと、だいたい坪15万前後ですかね~。
都会の方にはとんでもなく安く感じるのでしょうけど、かま猫夫妻にとっては相当かなーーり超々お高い買い物になるワケですよ。
もちろん不動産屋の店頭やインターネットを見まくって出来るだけ安い物件を探しますが、安価な土地はやはり何らかの問題点があるんですよね。

あるとき見つけたのは、JRの駅から近い80坪の売地が300万円!(おおっ( ゚Д゚)
しかし駅というのが隣の雫石町になる小岩井駅で、停車する列車は多くても1時間に1本というところ。
またあるときは100坪1000万という物件を現地まで見に行ったのですが、四方を建物に囲まれ特に南と東は2階建てのアパートから見下ろされるという何とも気が進まない土地でした( ̄~ ̄)ξ ちょっと高いしね。。。


これからの人生を過ごす大事な場所ですから、不満の少ない快適な環境を望むのは当然ですよね。便利で日当たりの良い開けた土地がいいなーとは誰もが思うでしょう。
これに加えかま猫らは、物置小屋を建てたり家庭菜園も出来る庭が欲しい、災害が心配だから傾斜地や低地は避けたい、旗竿土地や変形土地ではなく東西南北にビシッと向いた四角い土地のほうが気分が良い・・・・などと色々話し合ってました。
なんかスゴイ贅沢言ってますよね~~(^皿^)

でも引越し期限が迫っているわけではないので、とりあえず理想を掲げつつ、いろんな物件をゆっくり見廻っていたのです。






にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ  にほんブログ村 住まいブログ DIYへ light
↑応援ポチが励みになります ( ´∀`)ノ


テーマ:家づくり日記 - ジャンル:ライフ


東日本大震災被災地応援

ほんの少しでも、一人ひとりが今できることを。


≪東北へ行こう!≫
 大槌復興商店街

被災地に行くのは迷惑?いいえ、現状を見ておくのも応援のひとつです。
ただし記念写真でピースなどしないで下さいね。

旅*東北バナー
東北の観光情報ポータルサイト
下段に復興商店街を紹介するページへの入り口があります。

東北の復興商店街へ行こう♪♪♪
個人ブログながら、北は普代から南はいわきまで被災3県の復興商店街を訪れている岩崎富士男さんのサイト。

NHK連続テレビ小説『あまちゃん』公式サイト
ドラマの舞台は岩手県久慈市小袖地区をモデルにしており、三陸鉄道も協力しています。

三陸鉄道株式会社
破滅的な被害にも負けず震災5日後から一部運行を再開し、現在も順次復旧中。力強く走る車両は被災者を勇気づけています。

大町ほほえむスクエア
釜石市の目抜き通り・大町商店街の一角にキッチンカーが集結し常時営業中!(釜石復興支援プロジェクト様のHPをリンクさせていただきました。不都合あればご連絡下さい)

おかし工房木村屋
陸前高田で長年愛されてきた和菓子店・御菓子司木村屋さんが、仮設商店『栃ヶ沢ベース』で営業再開。
現在は奇跡の一本松をイメージした「夢の樹バウム」を中心に、和洋菓子を販売しています。オンラインショップの再開が待ち遠しい再開しています!


≪被災企業商品のご紹介≫
ボランティアや復興商店街へ行けなくても、自宅で出来る復興支援!

赤武酒造(大槌町)
フルーティーな「リカースイーツ」は絶品!下戸のかま猫も大好きです。

三陸おのや(釜石市)
三陸の魚が持っている本来の旨みを手作りに近い加工で引き出しパッケージ。化学添加物は使っていません。

井戸商店(釜石市)
2012年に竣工した新工場で「イカウインナー」をつくっています。

八木澤商店(陸前高田市)
創業200年の老舗ヤマセン醤油も店舗・工場とも流失しましたが、新しい店舗と工場で自前生産を再開しています。

(※被災地で頑張っているたくさんの会社の中から、オンラインショッピング可能で且つかま猫に縁のある企業をピックアップしました)

参考書

素材 ぽち1この本に出会わなかったらセルフビルドという大海に乗り出さなかったかもしれない!!

素材 ぽち1『自分でわが家を作る本。』最新版

素材 ぽち1これぞスーパー収納術!!男目線で造る家と女目線で造る家がある気がした!!


コレ良さそ (∩゜▽゜∩)

ネットで見つけた気になるものを紹介♪

NHKの「住まい自分流」から出た本。自分でキッチンや洗面所を作りたいあ猫。基礎からのわかりやすい解説本が欲しいところです。


上に同じく荒井章さんの本。無くなった山海堂さんから出版されたものです(T_T) 基礎の基礎を学には良さそう!!

お世話になってます

素材 ぽち1ハーフセルフビルドにご協力いただいている大共ホームさん


素材 ぽち1私たちをセルフビルド界に誘ったお師匠様  DIY 日曜大工で家をつくる・・・セルフビルドのノウハウ

素材 ぽち1青森ひばの手作り木工館  わいどの木 「わいど」は下北弁で「私たち」です♪ ひばチップや羽目板の買い付けに下北までGO!!

素材 ぽち1バスユニットの購入や資材購入でお世話になってる(株)北洲 建設資材事業部さん

素材 ぽち1古材の洗浄・加工と取り付けで協力いただいた岩井沢工務所さん
iwaizawa_bana

お仲間サイト

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

参加してます

にほんブログ村に参加中。他のセルフビルダーさんのブログやDIYな生活にはまりまくりの方々のブログを読ませて頂いております。とても勉強になります☆
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

-/*/-/*/-/*/-/*/-/*/-/*/-
人気ブログランキングにも参加中!!DIY、建築、ガーデニングなどなどたくさんの仲間ができるといいな♪

フリーエリア

ちょびリッチでちょびちょびポイントを貯めてお買い物♪イーバンクやネットバンクへの交換手数料無料というのが嬉しい!!
ポイント ちょびリッチ


おなじみ楽天でネットショッピングぅ~♪

素材屋さん

あ猫お気に入りの素材屋さん。プチなのとかキラキラなのとかがいっぱい(*^-^*) 

Pearl Box

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。